「 2016年08月 」一覧

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック⑧「対人関係で悩まないために アドラー心理学『3日あれば人間は変われる』」

アドラー心理学では、性格や気質・気性を『ライフスタイル』という言葉を使って表現しています。そして『ライフスタイル』はフロイトが提唱する「原因論」的に生まれつき決まっているものではなく自分の意志で選択し決めたものなので、いつでも変えることが可能であると考えられています。

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック⑦「対人関係で悩まないために アドラー心理学『本当の幸せとは』」

人間は1人だと生きてはいけないが、集団になることで人間関係の悩みを持ってしまいます。この様に矛盾した状態の中で幸せに生きていくためには『共同体感覚が重要である』と、アドラーは言っています。

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック⑥「対人関係で悩まないために アドラー心理学『劣等感を抱くことは自然なこと』」

人間誰しも、いわゆる「劣等感」を持っています。この「劣等感」を感じてしまうと人は悩んだり落ち込んだりしてしまいますが、アドラー心理学では「劣等感」があるからこそ、その「劣等感」をバネにして目的達成のために頑張ることが出来る、健全で必要なものと考えられています。