探偵に聞いた⑪「後から高額な料金を請求されませんよね?」

「インターネットで調べていたら、探偵に依頼をして調査が終わってから高額な料金を請求されたっていう書き込みがあったのですが、大丈夫なのでしょうか?」

消費者紛争などを解決する「国民生活センター」にも”契約の時には説明の無かった費用を請求された”、”無断で追加調査を行い費用を請求された”といった類の相談が寄せられているとのことです。

高額請求

『探偵業者の追加費用や高額請求』について探偵がお答えします。

「探偵業者と依頼者のトラブルはインターネット上でもよく見かけますが、弊社に相談にいらっしゃる方からも同様のお話を聞くことがあります。”そもそも契約書が無く、口頭での説明のみで申し込んでしまった””契約書に調査料金の記載はあったが、後から高額な経費を請求された””頼んで無いのに勝手に追加調査をされて費用を請求された”などのトラブルです。

探偵業者は探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)の第八条にあるように重要事項等の説明を書面を交付して行う義務があります。

(重要事項の説明等)
第八条 探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、あらかじめ、当該依頼者に対し、次に掲げる事項について書面を交付して説明しなければならない。
1 探偵業者の商号、名称又は氏名及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
2 第四条第三項の書面に記載されている事項
3 探偵業務を行うに当たっては、個人情報の保護に関する法律 (平成十五年法律第五十七号)その他の法令を遵守するものであること
4 第十条に規定する事項

5 提供することができる探偵業務の内容
6 探偵業務の委託に関する事項
7 探偵業務の対価その他の当該探偵業務の依頼者が支払わなければならない金銭の概算額及び支払時期
8 契約の解除に関する事項
9 探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する事項

探偵業者側には契約時には必ず契約書類を作成し、調査にかかる経費等も含めた最高概算額を説明する義務があります。当然ながら、これらの義務を果たしていない探偵業者は探偵業法違反となりますので、依頼者側も根拠の無い費用に関しては支払いをする必要は無い訳です。

しかしながら、探偵業者へ依頼をする際に家族などに内緒で依頼する場合もあり、トラブルになるなら払ってしまおうというケースもあるようです。

依頼の際には契約前に調査料金の説明や契約書などがしっかりとしている探偵業者を選びましょう。」

探偵へのご依頼は探偵業法を遵守するガルエージェンシー横浜駅前へ!

探偵歴20年。心理カウンセラー、夫婦カウンセラー、西洋占星術師。横浜、千葉、東京で気軽に相談出来る探偵事務所を展開中。神輿会など地元行事にも積極的に参加しています。探偵事務所所長。