夫が家出して浮気相手の自宅で寝泊まり・・・婚姻関係が破綻しているから証拠を取っても意味が無いと言われたのですが・・・

「夫の浮気が知人経由で発覚したのをキッカケに家を出て行ってしまいました。会社に寝泊まりしていると言っていたのですが、どうやら浮気相手の家に転がり込んだようです。友人に相談すると別居したら婚姻関係が破綻してるから浮気の証拠を取っても無駄だと言われました。週末は必ず帰宅して子どもと一緒に食事をするのですが・・・もう証拠を取っても無意味なのでしょうか?」

婚姻関係の破綻

『本当に婚姻関係が破綻していますか?』

確かに過去の判例などから見ても、不貞行為(浮気)が開始される前に、夫婦関係がすでに破綻していた場合には慰謝料請求は原則として認められません。少し難しい言い方をすると「婚姻関係が深刻に破綻し婚姻の本質に応じた共同生活の回復の見込みがないといえる場合」に婚姻関係が破綻しているとなります。

『一方的な別居は破綻では無い』

配偶者が一方的に家を出て行ったからといって、具体的に離婚に向けての話し合いをしている訳でもなければ破綻し回復の見込みが無いとは到底言えません。また、週に1回であろうが家族と食事をするなどといった場合には破綻しているとは言えません。

  • 一緒に食事をしている
  • 離婚に向けての話し合いが一切無い
  • 子どもの行事や冠婚葬祭など一緒に参加する
  • 性交渉がある

などは、婚姻関係が破綻していない事を証明するに足るものです。この様な状態の場合には逆に相手方が破綻しているという証拠を出さなければならなくなります。当然、破綻していないのですから探偵による浮気調査で確固たる証拠をとり有利に進めることが出来ます。

浮気調査による不貞行為の証拠収集はガルエージェンシー横浜駅前にお任せください!

探偵歴20年。心理カウンセラー、夫婦カウンセラー、西洋占星術師。横浜、千葉、東京で気軽に相談出来る探偵事務所を展開中。神輿会など地元行事にも積極的に参加しています。探偵事務所所長。